読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【とびしま海道】体動かす♪ブログ

瀬戸内海の多島美見つつ『ラン、バイク、スイム、トレイルラン、トライアスロン』をすると最高!

【Googleトレッカー】とびしま海道撮影~ 2日目《斎島》

12/6(日)

とびしま海道撮影2日目は斎島(いつきじま)へ。
朝7時40分発の豊島港発斎島行きの船。

船、
なぜだかテンション上がります。

 

f:id:syunpalau:20151207193542j:plain


本日撮影協力してもらえるのは、
豊浜住谷センター長、

地元でもあり支所にお勤めの西道さん、

前日の参加を決めてくれた下蒲刈3人衆の、けんちゃん、かっちゃん、しょうちゃん。

なぜか3人は釣り竿とギター持参(笑)。
はて?どうなることやら。

今回撮影話をもらって、

いち早く頭に浮かんだ場所のひとつ、
島民わずか15人の斎島(いつき)。

f:id:syunpalau:20151207194138j:plain


15分ほどの船旅後、早速移住者星野さんの案内で下見とコース決め。
離島感。
ただ、

ただ、

離島感。

うん。

いい感じ。


集落は全部回っても30分もかからないので、海沿い、ビーチ、ぐるっと撮ることに。

f:id:syunpalau:20151207194404j:plain


集落スタートは下蒲刈のエース、けんちゃん。
しっかりGPSを確認してスタートです。


f:id:syunpalau:20151207194456j:plain


鳥居の前を通っているは、しょうちゃん。
見えます??
隠れるところがないのでロングウォークをお願いしました。

そう!
そうなんです。
Googleトレッカーは担ぐときはひとりぼっち。
なぜなら、周りに人がいると映り込んでしまうから。

「孤独」と、
「背中の20kg」と向き合わないといけない、
苛酷な戦いなのです。


観光協会のマドンナさんと写真を撮るだけではなく、
メインの浜を撮影の星野さん。

f:id:syunpalau:20151207194959j:plain


さて、
集落を撮り終え、丘越え島の一本道を進み『真名板海岸』へ。


f:id:syunpalau:20151208040545j:image

 

そこは、ほんとの静寂のみ。
撮りたかった斎島です。

トレッカーを再起動して、

足跡のないビーチ、波打ち際を撮影!
しようとするが、GPSを拾ってくれない…。


なぜ?
再起動を2回。変化無し。

 

f:id:syunpalau:20151207200800j:plain

  

やむを得ず、

丘を越え一度集会所に戻り、機械を確認することに。

今回の撮影にあたり、星野さんには事前に一本道をトレッカーが通れる用、木を切り、草を刈り、道を整地してもらってました。
なのに不具合で撮れないなんてことはできません。

昼の船で帰る予定なんてどうでもよくて。

お昼ご飯が朝の残りと、カップラーメンなんてどうでもよくて。

誰もいない『真名板海岸』を撮りたくて

念力で!
気持ちで!
なんとかして!



なんとかなりました。

昼食後、
西道さんに山を登ってもらい。

 

f:id:syunpalau:20151207200906j:plain

下りと海岸は私。

結局、丘を4度越える事になりましたが…。


センター長には神社をお願いしました。

f:id:syunpalau:20151207201400j:plain


本当に、多くのみなさんの助けで無事終了。
ありがとうございました!!

撮りたかった離島感。
どの程度出てるかわかりませんが、
15人の島の静寂、
全世界に伝えたいですね~~。

そして、いつかの為の記録として、
2015年の斎島。


最後
船で帰る時間が決まる斎島は、
出発の時間までお話タイムがあります。

まったり、良い時間です。

f:id:syunpalau:20151207201503j:plain


以上、
斎島(いつき)でした。


《公開画像はこちら》


◎斎島集落


f:id:syunpalau:20160518184120j:image

↓下記をクイック

Google マップ


◎斎島港周辺


f:id:syunpalau:20160518184142j:image

↓下記をクイック

Google マップ


◎静寂の真名板海岸


f:id:syunpalau:20160518184206j:image

↓下記をクイック

Google マップ


◎真名板海岸までの道のり


f:id:syunpalau:20160518184222j:image

↓下記をクイック

Google マップ