読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【とびしま海道】体動かす♪ブログ

瀬戸内海の多島美見つつ『ラン、バイク、スイム、トレイルラン、トライアスロン』をすると最高!

【下蒲刈】三之瀬から大平山越えて大地蔵へランランラン♪

蒲刈(しもかまがり)の弘願寺住職が整備した遊歩道へ。

f:id:syunpalau:20160120185015j:image

あ、
この道、
公的に整備された遊歩道ではなく、個人的に綺麗にされた道です。

前もって
※私有地もあるので怒られる可能性も。
※標識はゼロなので迷うかも。
※人気が無さすぎて猪に遭遇することも。

そんなところに、私が入っていいのか?
と思いつつ…。
好奇心押さえられません。

なので走り出しました!

f:id:syunpalau:20160120185433j:image

とりあえず眺めが素敵な『蘭島閣美術館別館』へ。『白雪楼』から上がる小道は観光客のみなさんにも人気の小道。

県道をまたいでみかん畑の隙間へ。

f:id:syunpalau:20160120185921j:image

「住職…
これは道ではなく水路ですけど…。」

みかん畑を両サイドに見つつ登る私を、

f:id:syunpalau:20160120205332j:image

水仙も優しい色合いで見守ってくれています。

そして、
そして、

農道を2つまたいで、
飛び込んできた景色は

f:id:syunpalau:20160121001307j:image

蒲刈に繋がる
安芸灘大橋』と『蒲刈大橋』が両方見渡せる絶景。

2つの橋を同時に見られる場所は、
決して多くはありません。
そのなかでも、
一番綺麗に見える場所なのかも。


そんな感動を味わいつつ、
さらに、
さらに、

f:id:syunpalau:20160120221005j:image

森の中へ。
落ち葉が敷き詰められたフワフワ感が、
トレランシューズ越しにしっくり足に伝わります。

f:id:syunpalau:20160120224256j:image

みかんの下を潜るという、
瀬戸内ならではの演出をうけてさらに森の中へ。

農道をさらに一本またいで、
山へ入ると

f:id:syunpalau:20160120224925j:image

「住職…
どこが道なのかさっぱりわかりません…。」

ですが、
そこは野生の感というか、
山に聞いてみるというか、

まあ、なんとなく進むと

f:id:syunpalau:20160120225233j:image

住職がチェーンソーで切ったであろう切り株が
そこにあります。

さらに
導かれるように進むと

f:id:syunpalau:20160120225611j:image

古き建造物が。

f:id:syunpalau:20160120225701j:image

太平洋戦争に備えて設置された
『第二探照灯』
ここで、サイパン発のアメリカ軍のB29を照らし、大平山にある砲台で撃ち落とす計画だったようです。
土台のみが残されているようですが、

「住職…すごいですね。」

f:id:syunpalau:20160120230803j:image

山の尾根をさらに進むと、
右眼下に下島の集落が見えてきます。

最後、
大平山公園内にある遊歩道へ。

f:id:syunpalau:20160120231104j:image

「住職…
最後にやっと、やっと、
遊歩道に出会えような気がしました。」

そして、

f:id:syunpalau:20160120231332j:image

大平山山頂です。

初めて見る角度の景色に感動して、
なにが出てくるかわからないドキドキ、
今まで知らなかった事を知る興奮。
知っている人が少ない事を発見する喜び。

住職が名付けた
『龍の遊歩道』

たった、3km。
本当に楽しい時間がそこにありました。


f:id:syunpalau:20160121081758j:image

f:id:syunpalau:20160120233835j:image

「住職、教えて頂いて、
本当にありがとうございました。」

帰りは大地蔵に向けて、
下りの農道を高速で駆け抜けました。

いつかは、
遊歩道として整備して。

いつかは、
一緒に走れる人とトレイルランランラン。

いつかは、
『瀬戸内アイランドトレイル』を、
蒲刈大橋で繋いで下蒲刈もコースの一部に。

妄想(笑)。

f:id:syunpalau:20160120234653j:image

まだまだ島の事、

色々知らないから、

いっぱい知ることになって、

毎日、楽しいものです。